FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャインアライト【ネタバレあり】

日曜日、渋谷シアターTSUTAYAへ「シャインアライト」を観に行って来ました!

言わずとしれたThe Rolling Stonesのライブの模様を映画化した作品です。
もうあんまり上映している劇場がなくって焦ったけどなんとか間に合った。

映画館へ観に行って本当に良かった!!!

Shine A Light


噂には聴いていたけど、とにかく迫力があってライブを観に行ってるかのような疑似体験しました。
バスドラの音が足元からズンズン響き、楽器の音が生々しく爆音で鳴り、曲が終わったら思わず拍手しそうになるほどの臨場感。
ステージがキラキラと眩しく輝いていて、見ているだけでつき動かされるような、パワーをもらうようなあの感じは、ロックのライブの醍醐味であって映画館ではなかなか味わえない感動だと思います。

時々曲間なんかにドキュメンタリー映像が流れるんだけど、若かりし頃のミックの美貌にうっとりした。

って今も無茶苦茶カッコイイんだけど。
60歳を越えてもあのパフォーマンス!!スレンダーなボディ!!そしてあの歌声。
時々煌々とライトに照らされて瞳をカッと見開いてる時、ふっと昔の映像の頃のミックに若返って見える瞬間があった。

インタビュー映像で、ロンがキースとどちらがギターが上手いと思うか?という質問を受けて「勿論俺だ」と答えるんだけど、それをインタビュアーがキースに「ロニーはこう言ってたけどどう思う?」と訊ねるとキースは笑って、「俺たちは二人共ギターが下手だ。だけど、二人揃えば最強だ」と言うシーンには泣いた。その他にも名言が多々あってその度胸に響いた。

あぁ、本当に観に行って良かった!そして次に来日してくれた時には必ず生のライブを観に行きたい!!!!!
スポンサーサイト

スミノフ美味しい

外は雪やコンココンココーンだね。

こないだ20世紀少年 第2章を観に行って来ました。

第1章から劇場に観に行ってるんだけど、
キャスティングがバッチリで漫画のキャラと重ねて観るとすごく面白い。
2章はちょいちょいストーリーがハショられて駆け足気味だったものの、新登場のキャラの演技も光ってて面白かった。特に小泉響子役の女の子が漫画のイメージにピッタリで笑った。

8月末公開の最終章も映画館に観に行こうと思う!
もうすぐ公開終わっちゃいそうな(?)シャインアライトも観に行きたい。


ところで3月は、心機一転めきめきがんばってこうと意気込んでたんだけど、今日早速壁にぶち当たってしまった!!ガガーン。またふり出しに戻りそうだ。とても残念だ。けどめげずにやるしかない。

そうそう2月は読書もままならずだったんだ。
結局4冊しか読めなかった。内、「白い巨塔」1巻・2巻。今3巻を読んでいる。
私は財前よりも断然里見先生派だ!ってみんなそうなんかな。友達曰く、教授選以降は中だるみがあり、なんなら最後まで読まなくてもいいってほどらしいんだけど、今んとこおもろいな。

というわけで、年内あと90冊!!

今日の1曲
「テレ東」 相対性理論

何がジェーンに起こったか?

最近、古き良き名作のDVDを借りて観るのがちょっとした楽しみです。

そんな中、印象に残ったのが「何がジェーンに起こったか?」という1962年製作の映画。
モノクロ。

jane.jpg

【あらすじ】
古い屋敷に一組の姉妹ブランチとジェーンが暮らしていた。ジェーンは可愛らしい名子役で一世を風靡したが成長してからは仕事も無く、代わりに姉のブランチが美しいスターになった。そんなある日、ブランチが事故で半身の自由を失ってしまう。そして二人の古屋敷での隠居生活が始まる。酒に溺れ過去の栄光に浸るジェーンは、押え付けられていた鬱憤を、体の不自由な姉ブランチへの陰湿ないじめで晴らそうとする。やがてブランチは、ジェーンのもとから逃げ出そうとするのだが……。



近所のビデオ屋は品揃えが貧弱で、観たいと思う映画が置いてないことが多いんだけど、こういったクラシック映画のコーナーは意外と充実していて、ふとあらすじを読んでジャケ借り(?)した作品です。

あぁ。とても怖かった。そして面白かった。
妹ジェーン役のベティ・デイヴィスのサイコな演技が凄まじかったです。狂気でした。
醜い風貌で数々の異常な行動に走るジェーン。
精神が壊れていく過程を見事なまでに演じ切っていました。
その姿に居た堪れない気持ちになったりもしたけど姉ブランチへの虐待(しかも結構ベタな手法)に終始やきもきさせられた。
簡単に勧善懲悪でスッキリさせてくれたら楽なのにって思いながら観ていた。
しかし観終わって振り返ってみてはじめてつながる場面もあったりして一筋縄ではいかないストーリーでした。考えさせられた。

それからモノクロ映画って「声色」がカラーになるんだなぁと感じました。

Appendix

プロフィール

カモレカオリ

Author:カモレカオリ
カモレVo&G
http://www.kamore.net/
kamore*kaori*web
http://www.myspace.com/kamorenet/

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。